HOME > CHEF
CHEF

 

シェフ

 

藤田 統三 

Motozo Fujita

 

ラトリエ・モトゾー オーナーシェフ

イタリア菓子歴史研究家

 

 

 

 

 

 

profile

 

プロフィール

 


 1970年

大阪市生まれ。


 1989年

大阪あべの辻製菓専門学校卒業。市内のフランス菓子専門店に勤め、22歳でシェフとなる。


1993年

老舗イタリアンレストランに勤める。おもに前菜・パスタ、メインの付け合わせを学ぶ。

 

 

< イタリア修行時代>

 


1995年

ハーゲンダッツジャパン(株)入社。アントルメグラッセ、パフェメニューの開発に携わる。


1997年

大阪市内の250席の大型イタリアン

レストラン「ソーニ・ディ・ソーニ」入社。

イタリア人のシェフパティシエのもとで働きイタリア菓子に開眼。レストランデザートを本格的に学ぶ。


1998年

料理人としての人生を決意し、イタリアンレストランで再び料理を本格的に学ぶ。


1999年

渡伊。ロンバルディア州ブレーシャのレストランで料理を学び、同州ヴァレーゼ近郊の

パスティッチェリーア「ブオージ(BUOSI)」でイタリア菓子・ジェラートを学ぶ。


帰国後、2000年に大阪で「パスティッチェリア・バール ピアノピアーノ(当時。現在は別名)」のシェフに就き、

翌年再び渡伊しヴァレーゼ市内のチョコレート専門店にて修行、各地の郷土菓子探索及び研究にも励む。


 2002年

阪急百貨店リニューアルの際、1階正面口の2号店のシェフを兼任。 


2005年

東京・表参道「ソルレヴァンテ」の取締役兼料理長・シェフパティシエに就任。


2011年

イタリア本国よりパティスリーでは初めての権威ある認証

『イタリアホスピタリティー国際認証マーク≪MOI≫』を取得。 


 2013年

イタリア菓子 ベーシックをきわめる』(柴田書店)、

『イタリアンドルチェの発想と組み立て』(誠文堂新光社)を出版。 


2014年

ARTE-BIANCA(アルテビアンカ)」を立ち上げ独立し、企業・メーカーのアドバイザーや

商品開発、レストラン・カフェ・パティスリーのメニューコンサルティングを行い、

イタリア菓子の講習会や本物を伝えるための

イベント・勉強会、歴史や古いレシピの研究などにも力を注ぐ。


2016年 8月

お菓子を軸に、<イタリアの食>を伝える「L’atelier MOTOZO(ラトリエモトゾー)」開店。
2017年、『パフェの発想と組み立て』(誠文堂新光社)、

『「ラトリエモトゾー」シェフのやさしく教えるイタリア菓子のきほん』(世界文化社)を出版。


2021年4月

リニューアルオープン。新しいステージの開拓に励む。


 

 

career

 

職歴

1989年

大阪あべの辻製菓専門学校卒業後、帝塚山フランス菓子店「ル・プレジダン」勤務。


 

1993年

老舗イタリアンが経営するイタリアレストラン「ジジ・デルソーレ」に入社。


 

1995年

「ハーゲンダッツジャパン株式会社」勤務、メニュー開発。

 


1997年

大阪のイタリアレストラン「ソーニ・ディ・ソーニ」勤務。


1998年

大阪のイタリアレストラン「パポッキオ」勤務。


1999年

渡伊。北イタリア・ロンバルディア州で菓子、料理を勉強。


2000年

大阪に本格イタリア菓子・バール「ピアノピアーノ」料理長兼シェフパティシエ就任。


2001年

再び渡伊。菓子、料理を勉強。


2005年

表参道「ソルレヴァンテ」取締役・シェフに就任。


2014年

「ARTE-BIANCA(アルテビアンカ)」を創業 (個人事業主)


2016年 8月

東京都目黒区東山にてイタリア菓子「ラトリエ・モトゾー」のオーナーシェフとなる。


2018年9月

株式会社Gloriaを設立。 シェフ・取締役に就任。